ゲーム、ガジェット、家電などの情報&レビューサイト
TOP 【 Mac ライフ 】起動ディスクを外付けSSDにしてスピードアップできない!対処法はあるの?【 注意 】
mac - Macライフ
更新日 2021年05月09日

【 Mac ライフ 】起動ディスクを外付けSSDにしてスピードアップできない!対処法はあるの?【 注意 】

Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
iMacを外付けSSDでスピードアップしようとして失敗
 内蔵ハードディスクがHDDやFusion Drive(フュージョンドライブ)のMacは、パソコンをずっと使ってインストールしたアプリが多くなったり、ファイルが多くなったりしてくると、だんだんと処理能力が遅くなってきて、その処理スピードの遅さがストレスになってくることもしばしば。
 この速度を改善するのに一番適しているのは、内蔵ハードディスクをSSDに交換することなのだが、例えばiMacの場合だと、構造上内部ハードディスクを交換しようとすると、非公式の方法で分解して中を開ける必要があるが、この方法はある程度の分解技術が必要となり、間違うと最悪Macが壊れてしまう危険もある。
 そこで、SSDタイプの外付けハードディスクを用意し、その外付けSSDにMacOSをインストールしてスピードアップを試みる人も多いが、実はMacOSは最新版のBig Surより古いMacOSの場合、外付けSSDの最適化が行われておらず、外付けSSDにMacOSをインストールしても、起動ディスクとして認識されなかったり、されても起動しようとすると逆に遅くなったり・・・と大変な目に合う。実際私も、この外付けSSDを起動ディスクにしてMacの高速化を試みたのだが、うまく行かなくて、とんでもなくハマってしまったので、どうして出来なかったのか、何が原因なのか、なにか対処法はあるのかを書き残しておきたいと思う。
 
 
Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
TimeMachineでMacを復元
 この外付けSSD 起動ディスクの問題を発見したのは、数時間かけてMacをTimeMachineでSSDに復元し、いよいよこれから外付けSSDで爆速Mac生活がスタートすると期待を膨らませていた時のことだった。
 
Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
外付けSSDが起動ディスクとして認識しない!
 Macの復元も終わり、外付けSSDを起動ディスクとしてMacを再起動しようとした時、何度再起動しても、もともとのHDDで起動してしまい、ぜんぜんSSDで再起動が出来ないではないか(汗)。
 おかしいと思い、「option」キーを押しながらMacを再起動(起動ディスクを選んで起動できる)しようと試みたところ、なんと・・・起動ディスクの選択で外付けSSDが表示されないのだ。何度やっても結果は同じ。普通に元のHDDで再起動したとき、コンパネでは外付けSSDが表示されているのに、実際に再起動しようとすると外付けSSDが認識できず、結果的に元のHDDで起動されてしまうようだ。
 
Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
外付けSSDのフォーマットを確認
 このままではラチが明かないので、外付けSSDをMacのディスクユーティリティで確認して見ることに。すると・・・なんということでしょう・・・Mac OS拡張(HFS+)でフォーマットしたはずの外付けSSDが、いつの間にか APFS形式でフォーマットされなおしているではないですか・・・(汗)まさかこれが原因なのか?
  このMacのフォーマット形式である「APFS ( Apple File System )」というのは、AppleがMacOS、iOSなどに最適化された新しいフォーマットの種類なのだが、実はこのAPFSを外付けSSDのフォーマットにして起動ディスクにしようとすると、古いOSではMacのシステム不具合によりSSDの処理スピードが遅くなってしまうという現象が生じてしまうらしいのだ。
 そのデータ遅延の不具合を回避するために、外付けSSDは予め従来のHFS+(Mac拡張)でフォーマットしたはずだったのだが・・・いつのまにかAPFSになってしまっている。
 
Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
Mojaveのクリーンインストール時にAPFS強制フォーマット
 そのAPFSフォーマットはいつ起こったかというと、それはmacOSをクリーンインストールした時だったことが判明した。調べてみると、MacOSはMojaveから上の場合は、クリーンインストールする際に、インストール先のハードディスク(HDD / SSD)を強制的にAPFS形式にフォーマットしてしまうようなのだ。
 このAPFSフォーマットの処理遅延問題は、最新のMacOS Big Sur では解消されているらしいのだが、この外付けSSDを起動ディスクにしてスピードアップを図ろうと考えるのは、比較的古いMacを使っている時が多いと思うんだけど、古いMacはMacOS Big Sur に対応してなかったりするし、新しいMacなら外付けSSDを起動ディスクにしようなんて思わないし・・・これはなんだかなぁと思う。ちゅうか、最新OS以外もAPFS問題を修正しといてよね・・・。
 しかし、この強制APFSフォーマットを回避して、昔ながらのHFS+のまま起動ディスクにすることは出来ないだろうか。そう考えて私は一つの解決策をネット検索で発見した。
 
Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
Mac拡張(HFS+)にMacOSをクローンコピー
 その方法とは、有料のバックアップアプリケーション「CCC / Carbon Copy Cloner」(4,500円)を使って、既存のハードディスクのクローンを外付けSSDに作る方法だ。このCCCというアプリは、有料ではあるけれど30日間の試用期間があり、その間も機能をフルに試用することができるので早速私は、このCCCをダウンロードしてMacのクローンを外付けSSDに作ることにした。
 作業時間は約650GBのクローンで数時間を要したが、クローンは問題無く作成でき、MacOS上からも、起動ディスクとして認識できるので、これはうまくいく予感!私は期待に胸を膨らませてMacの再起動ボタンを押した。。。
 
Mac 外付けSSD 起動ディスク できない
やっぱり起動ディスクとして認識されてない・・・
 しかしその結果は【失敗】。何度再起動の際に起動ディスクを設定してもダメ、optionキー+再起動で、起動ディスクを指定して起動でも認識せず。。。ここで私は、この外付けSSDを起動ディスクにしてMacのスピードアップを図る計画を断念した。
 この失敗の原因は、もしかしたら購入したUSB接続の外付けSSDとMacとの相性が悪いのかもしれないし、私が使っている MacOS Mojave がアップデートを繰り返すうちに、外付けSSDでの起動ができなくなってしまっているのかもしれない。
 とにかく、この比較的安価でスピードアップを図れる外付けSSDを起動ディスクにする方法は、通常方法ではAPFS形式のフォーマットになってしまいMacOS Big Sur以外では起動したとしてもスピード的に余計に遅くなったりもするようなので、まぁ、この方法は採用しないほうがいいのではないかという結論に至った。
 うちのMacはiMacなんだけど、ほんとどうして壊す覚悟で分解しないと内部ハードディスクを交換できないようになってるんだろうなぁ。。悲しいなぁ。
更新記事
ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.x 誰でも出来る簡単リーヴ金策 ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.05 新式装備 IL580 製作用のマクロ ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.0 精選で獲得できる霊砂と刻限の採集場所&時間 / タイムテーブル atsumori atsumori 最新2.0対応!あつまれ どうぶつの森 全住人(登場キャラ / どうぶつ)の性格や趣味・相性などのまとめ【あつ森 ゲーム攻略 - ニンテンドースイッチ】 ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.0 大型FATE「ムリガ信仰:偽りの神」(BOSS ダイヴァディーパ)発生条件など攻略! ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.0 伝説素材のタイムテーブル ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.0 クラフター装備(IL560)必要素材&マテリア禁断例 ffxiv ffxiv 【FF14】万魔殿パンデモニウム:辺獄編4 攻略 ffxiv ffxiv 【FF14】万魔殿パンデモニウム:辺獄編3 攻略 ffxiv ffxiv 【FF14】万魔殿パンデモニウム:辺獄編2 攻略 ffxiv ffxiv 【FF14】万魔殿パンデモニウム:辺獄編1 攻略 ffxiv ffxiv 【FF14 暁月 パッチ6.0 クラフター素材入手方法まとめ】FATE 広域交易商 - 各ランクのジェム交換アイテム一覧 ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 パッチ6.0 ギャザラー装備(IL560)必要素材&マテリア禁断例 ffxiv ffxiv 【FF14】暁月 6.0 ギャザラースクリップ【白貨 効率重視】交換用収集品のタイムテーブル 更新記事をもっと見る
 
COPYRIGHT (c) 2019 - 2022 MTGAMES.JP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー もどる 上へ